英語外部検定利用入試(2021年度版)【英検・早慶上理編】

2021年度一般入試における英語外部検定利用入試(英検)の状況をまとめました。

本記事は早慶上理(早稲田・慶応・上智・東京理科)での利用状況です。
一般入試、共通テスト利用入試のみに限定してまとめています。(推薦やAO入試などについてはございません)

最初に英検に関する用語について説明します。

●CSE2.0
従来のCSE1.0より高い精度で英語力を識別できるようにしたもの。
スコア精度が向上しているため、CSE1.0では合否のみ大学入試の選抜基準だったが、CSE2.0では合否に加えてスコアも選抜基準とすることができる。

●英検CBT、英検S-CBT、英検S-interview
・英検CBT
4技能(スピーキング、リスニング、リーディング、ライティング)を1日で測定できる試験。
コンピュータ上で受験する。受験級は準1級、2級、準2級、3級。
詳細はこちら

・英検S-CBT
毎週土日に従来型の英検と同じ形式をとりつつスピーキングを吹き込み式にして1日で4技能を測定できる試験。部活などの予定が立て込んでいる方には便利な試験。
詳細はこちら

・英検S-interview
英検CBTもしくは英検S-CBTでの受験が難しい方向けの試験。
1日目をマークシートで解答し、2日目に対面でスピーキングテストを行う。
合理的配慮が必要な障がいのある受験者のみを対象に実施。
詳細はこちら

各級の満点と合格基準点

各級の合格点は下記の通りです。(CSE2.0スコア)
本記事では大学入試で考慮される級のみとなります。

英検1級
満点:3400 合格点:2630

英検準1級
満点:3000 合格点:2304

英検2級
満点:2600 合格点:1980

英検準2級
満点:2400 合格点:1728

早稲田大学の利用状況

早稲田大学で英語外部検定利用入試を採用している学部は商学部、国際教養学部、文化構想学部、文学部です。

●商学部
商学部では「加点方式」で英検を利用することができます(英語4技能テスト利用型)。
一般入試での「外国語」「国語」「地歴公民または数学」の合計点(300点)に下記の基準で加点されます。

英検1級合格で5点加点、英検準1級合格では出願することはできますが加点はされません
英検2級以下は「英語4技能テスト利用型」において出願することができません
*CSE2.0スコアは問われません。
*英検は出願開始年月より2年さかのぼった月の翌月初日以降に受験した試験の結果までが有効です。
(例えば、出願期間が2021年1月に開始する場合、2019年2月1日以降)
*英検は従来型、英検CBT、英検S-CBT、英検S-interviewいずれも提出可能です。

「英語4技能テスト利用型」における各教科の配点は下記の通り。
外国語:80点満点 国語:60点 地歴公民または数学:60点 英語4技能テスト:5点

英検1級を取得していないと加点がされないうえに定員が30名と少ないため、非常に厳しい勝負が予想されます。

英検1級を取得している受験生は外国語の試験でも当然高得点をとると考えられますので一般受験の地歴公民型もしくは数学型で受験することをオススメします。

他方式(地歴公民型・数学型)と併願することができませんのでご注意ください。

●国際教養学部
国際教養学部は従来の試験方式を取りやめ、2021年度入試より「大学入学共通テスト」「学部独自試験(外国語(英語))「英語外部検定試験(加点方式)」合計点で選抜する方式となっています。

試験内容および英語外部検定試験(本記事では英検のみ)の加点方法は下記の通りです。

1.大学入学共通テスト
①国語(必須):配点50点
②選択科目:「地歴公民」または「数学」または「理科」:配点50点

2.学部独自試験(「外国語」(英語))
1時限:Reading(90分)
2時限:Writing(60分)
合計点:80点

3.英語外部検定試験
英検1級合格:20点加点
英検準1級合格:14点加点
英検2級合格:7点加点
英検準2級以下:出願できますが加点はありません。
未提出:出願できますが加点はありません。
*英検は出願開始年月より2年さかのぼった月の翌月初日以降に受験した試験の結果までが有効です。
(例えば、出願期間が2021年1月に開始する場合、2019年2月1日以降)
*英検は従来型、英検CBT、英検S-CBT、英検S-interviewいずれも提出可能です。

英検1級を取得していると最大の20点が加算されるうえ、独自試験にも対応できますので、早稲田大学国際教養学部を第一志望で目指している方は英検1級に合格した状態で本学部を受験しましょう。

●文化構想学部・文学部
文化構想学部、文学部ともに同じ基準で英語外部検定試験が有効となります。

一般入試の英語4技能テスト利用型における英検の基準は下記の通りです。

CSE2.0スコア
総点:2200点
リーディング:500点
リスニング:500点
ライティング:500点
スピーキング:500点
*英検は出願開始年月より2年さかのぼった月の翌月初日以降に受験した試験の結果までが有効です。
(例えば、出願期間が2021年1月に開始する場合、2019年2月1日以降)
*英検は従来型、英検CBT、英検S-CBT、英検S-interviewいずれも提出可能です。

英語外部検定試験の結果を提出し、国語(国語総合、現代文B、古典B)と地歴(世界史Bもしくは日本史B)の2教科を受験します。

配点は国語が75点(90分)、地歴が50点(60分)となります。

慶応義塾大学の利用状況

慶応義塾大学で英語外部検定利用入試を採用している学部はありません。

従来通り、一般入試において英語外部検定試験の成績で合否判断はしませんのでご注意ください。

上智大学の利用状況

上智大学で英語外部検定利用入試を採用している学部は神学部、文学部、総合人間科学部、経済学部、外国語学部、総合グローバル学部、理工学部です。

上記学部の「学部学科試験・共通テスト併用型」「共通テスト利用型」において任意で英語外部検定試験の結果を利用することができます。

●「学部学科試験・共通テスト併用型」
任意で提出したCEFRレベルA2以上の外国語外部検定試験は、CEFRレベルごとに得点化し、大学入学共通テストに加点する形で合否判定に用いられます。
*CEFR(セファール)とは外国語の運用能力を、言語の枠や国境をこえて同一の基準で測ることができる国際的な基準です。
*ただし、加点後の得点は、大学入学共通テストの外国語の満点を上限としています。
*英検は2018年、2019年、2020年度に受験したものが有効になります。
*英検は従来型、英検CBT、英検S-CBT、英検S-interviewいずれも提出可能です。

英検におけるCEFRのレベルごとのCSE2.0スコアと加点される点数は下記の通りです。
CEFRレベルC1:2600~3299点(共通テスト「英語」に30点加点)
CEFRレベルB2:2300~2599点(共通テスト「英語」に20点加点)
CEFRレベルB1:1950~2299点(共通テスト「英語」に10点加点)
CEFRレベルA2:1700~1949点(共通テスト「英語」に5点加点)
*レベルA1以下は加点がありませんので成績の提出は不要です。
*例えば大学入学共通テストの英語の試験で160点をとり、CEFRレベルC1の成績を提出すると30点加算されて合計点は160点+30点=190点になります。
*例えば大学入学共通テストの英語の試験で190点とり、CEFRレベルB2の成績を提出しても、満点の200点が上限ですので、レベルB2は20点加算となっていますが、加算されるのは10点までとなります。

英検の各級の満点と合格点は下記の通りです。
英検1級
満点:3400 合格点:2630

英検準1級
満点:3000 合格点:2304

英検2級
満点:2600 合格点:1980

英検準2級
満点:2400 合格点:1728

●「共通テスト利用型」
共通テスト利用型ではCEFRレベルB2以上の試験結果を提出した場合、みなし得点として利用することが可能です。

英語外部検定試験の結果とみなし得点は下記の通り。
CEFRレベルC1:2600~3299点(共通テスト「英語」を200点として扱う)
CEFRレベルB2:2300~2599点(共通テスト「英語」を180点として扱う)
*大学入学共通テストの英語試験の結果と英語外部検定試験のみなし得点のうち高得点のほうを採用します。例えば、共通テストで190点、提出した英語外部検定試験の結果がレベルB2(180点)であった場合、共通テストの点数が採用されます。

各学部の指定科目と個別試験の内容についてはこちらの9、10、11ページに記載があります。

東京理科大学の利用状況

東京理科大学で英語外部検定利用入試を採用している学部はグローバル方式において理学部第一部、工学部、薬学部、理工学部、先進工学部、経営学部です。

「グローバル方式」とは英語の資格・検定試験のスコアを出願資格とし、東京理科大の独自試験を実施して合否判定をする方式です。

出願資格となる英検のスコア基準はCSE2.0スコア1400点以上です。
*級や合否は問いません。
*2019年4月1日以降に受験したものが有効です。

スコアに応じた加算得点は下記の通りです。
3300~3400:25点
2600~3299:22点
2300~2599:20点
1950~2299:15点
1700~1949:10点
1400~1699:0点

数学(150点)、理科(150点)にプラスして上記の点数が加算されます。
*理学部第一部数学科、応用数学科、理工学部数学科、経営学部については数学のみの受験とし、数学の点数を2倍したものを得点としています。

以上、早慶上理の英検利用状況でした。

GMARCHや関関同立の英検利用はこちら(GMARCH)とこちら(関関同立)で確認することができます。

英検は年に3回挑戦できるので高校1、2年生も今から勉強を始める価値ありです。

かまなび特進(文系)では英検の1次試験、2次試験対策を実施しています。
通塾だけでなくWEBでも対応していますのでぜひご考慮いただければと思います。