かまなび特進(文系)のご案内

2020年5月11日

千葉県鎌ケ谷市にある「かまなび」にて2020年3月より新しく「かまなび特進」クラスが設置されました。

「かまなび特進」は高校生・既卒生を対象として学校の定期テスト対策および受験対策をしていくクラスになります。

「かまなび特進」では火曜日文系科目を勉強する日木曜日理系科目を勉強する日となっており、原則的に両日塾にきていただきます。

また、上記の必須来塾日以外の月、水、金、土自習の日にしており、自由に塾にきて勉強をしていってもかまいません。

「かまなび」の中学部門と同じように質問し放題、塾通い放題となっています。
料金などの詳細はこちらのページに記載しておりますので、ご参照ください。

本ページでは僕(平井)が担当している「かまなび特進(文系)」の概要とルールをご説明いたします。
*理系の日とは異なったルールで運営しております。

かまなび特進(文系)の概要

かまなび特進(文系)では以下のように勉強を進めていきます。

月の課題についてはレベル別にわかれています。

かまなび特進(文系)ではSSS、SS、S、A、B、Cにわかれています。
SSS~Bの基準は下記のとおりです。

Cレベルは中学生の復習が中心になっています。

高校1年生、高校2年生は以上の表をもとにレベルわけをして、月の課題をこなしていってもらいます。

高校3年生、既卒生は志望大学を基準に月の課題を出していきます。

月の課題は下の画像にある通り出しています。

かまなび特進(文系)では月の課題を達成しないと月末の到達度テストを受けることができません。

課題未達、月末の課題テスト不合格の場合はレベルが一つ下がります
逆に合格した場合は希望すればレベルを上げることができますし、レベルを維持することも可能です。

Cレベルまで下がった後、3か月連続で未達、不合格が続くとFになります。
*例:9月末にCになる→10月未達→11月未達→12月未達→F

Fになると課題の整理をして1か月でこなせる量にしますが、それでも達成できない場合は、申し訳ありませんが、かまなび特進の継続意思を確認させていただきます。

Fになったあと、2か月連続で課題を達成しない限りCレベルにあがれません。

かまなび特進(文系)で期待できる効果

かまなび特進(文系)の概要を説明しましたので、次にかまなび特進(文系)で期待できる学習効果について説明します。

かまなび特進(文系)では、他の予備校、塾の違って自習ベースで学習を進めてもらいます。

質問があれば、その場で聞くことができますし、LINEでも質問を受け付けています。

通塾日は火曜ですが、質問は365日いつでもすることができます。

決まった時間に授業をするわけではないので、じゅうぶんに勉強時間を確保することができます。

また、勉強する内容も課題という形で指針を示しているので何を勉強すべきなのか迷うことはありません。

しかも、課題をこなすだけでなく到達度テストもあるので学んだ知識の定着もはかることができます。

毎週、小テストも行うので課題を出して放っておくということはありません。

かまなび特進(文系)のメリットをまとめると…
☆じゅうぶんな学習時間を確保できる。
☆学ぶことが課題という形で明確化されている。
☆月末テストで知識の定着をはかることができる。
☆毎週の小テストで月末テストの直前であわてなくて済む。
☆いつでも質問できるので疑問をすぐに解決できる。

主なメリットは以上です。

現在は新型コロナウイルスの影響がありますので、ZOOMで参加もすることができます。

かまなび特進(文系)の目標について

かまなび特進(文系)では各学年に目標が設定されています。

☆高校1年生
8月末の中間テスト合格、2月末の学年末テストの合格、英検準2級の合格

☆高校2年生
8月末の中間テスト合格、2月末の学年末テストの合格、英検2級の合格

☆高校3年生・既卒生
志望大学の合格(その他こちらから受けてほしい模試を指定します)
関連記事:2020年度開催予定の模試の日程一覧【河合塾・駿台予備校・代ゼミ・東進・ベネッセ】

授業を行わないかわりにテストの数が多いですが、圧倒的に定着度が違います。

英検という公式の試験も利用しながら、目標を見失わないようにできるのでモチベーションも保つことができます。

かまなび特進(文系)での施策について

かまなび特進(文系)では基本的にこちらから指定した参考書、問題集を使用してもらいますが、それでも抜け漏れが出てきてしまう事項についてはClearというノート共有アプリで僕(平井)が作成した補助教材で補てんしてもらいます。
関連記事:勉強ノートまとめアプリ「Clear」に日本史の通史ノートを公開しています。
関連記事:勉強ノートまとめアプリ「Clear」に数学Ⅰの演習問題つきノートを公開しています。

例として英文法の教材をpdfで添付しておきますので、ご確認ください。

その他、課題に準じた補助問題集も配布しています。

課題テストが追いついていない生徒には面談などで補助し、月ごとに保護者向けに生徒の様子と課題点とその解決策を明記した文章をお送りさせていただいております。

また、新しく施策を始めたときは追記をしていきます。

あなたもかまなび特進で一緒に勉強をがんばっていきませんか?

料金などの詳細情報はかまなびのホームページかまなび特進のホームページでご確認をお願いします。