英語

各予備校には人気講師がいて生徒が殺到します。

オンラインサービスにも人気講師がいて、その人の授業を受けたいがためにサービスに登録することもあるでしょう。

僕自身も受験生時代は予備校に通っており、講師の話をきいて、初めて知ることがたくさんありました。

しかし、どんなに人気の講師でも授業ではカバーしきれない部分があり、そこが受験における勝利のカギとなっている部分があります。

かまなび特進

千葉県鎌ケ谷市にある「かまなび」にて2020年3月より新しく「かまなび特進」クラスが設置されました。

「かまなび特進」は高校生・既卒生を対象として学校の定期テスト対策および受験対策をしていくクラスになります。

「かまなび特進」では火曜日文系科目を勉強する日木曜日理系科目を勉強する日となっており、原則的に両日塾にきていただきます。

また、上記の必須来塾日以外の月、水、金、土自習の日にしており、自由に塾にきて勉強をしていってもかまいません。

「かまなび」の中学部門と同じように質問し放題、塾通い放題となっています。
料金などの詳細はこちらのページに記載しておりますので、ご参照ください。

本ページでは僕(平井)が担当している「かまなび特進(文系)」の概要とルールをご説明いたします。
*理系の日とは異なったルールで運営しております。

英語

英語が重要視されはじめて中学生や高校生、早いと小学生のときから英会話学校に行き始めている人が多くなってきたと思います。

学校では英会話メインの授業は基本的にありませんし、学校で学ぶ英語は文法ばかりで生きている感じがしないので、英会話学校にいったほうがいいかもしれないと感じるのは自然です。

そこで、前職で研修として約1年間英会話学校にいっていた僕が「英会話学校は本当に役に立つのか」を考察してみようと思います。