英語

各予備校には人気講師がいて生徒が殺到します。

オンラインサービスにも人気講師がいて、その人の授業を受けたいがためにサービスに登録することもあるでしょう。

僕自身も受験生時代は予備校に通っており、講師の話をきいて、初めて知ることがたくさんありました。

しかし、どんなに人気の講師でも授業ではカバーしきれない部分があり、そこが受験における勝利のカギとなっている部分があります。

かまなび特進

千葉県鎌ケ谷市にある「かまなび」に2020年3月より高校生・既卒生を対象とした「かまなび特進」が新設されました。

予備校や個別指導塾などとは違い、授業や講習はありません

1人1席与えられ、そこで自学自習をしてもらい、わからないところがあったら教室にいる先生に質問をするというスタイルです。

しかし、それだけだと他でも実施している塾はたくさんあります。

本記事ではより詳細にかまなび特進の仕組みについて記載しております。

「友だち追加」するとLINEでかまなびの情報を受け取ることができます。

英語

英語が重要視されはじめて中学生や高校生、早いと小学生のときから英会話学校に行き始めている人が多くなってきたと思います。

学校では英会話メインの授業は基本的にありませんし、学校で学ぶ英語は文法ばかりで生きている感じがしないので、英会話学校にいったほうがいいかもしれないと感じるのは自然です。

そこで、前職で研修として約1年間英会話学校にいっていた僕が「英会話学校は本当に役に立つのか」を考察してみようと思います。