センター英語対策, 共通テスト, 英語

すでに多くの人が知っていることかと思いますが、2021年1月から従来のセンター試験に代わり「大学入学共通テスト」が実施されます。

もちろん名称がかわるだけでなく内容も変更となり、あまり情報がない中対策をする必要が出てきます。

本記事では基本情報として従来のセンター試験と共通テストの大きな違いを英語(筆記)に限定してお伝えします。

大問数はセンター試験も共通テストも同じく6問ですので、設問ごとに解説します。
*共通テストは平成30年に実施された試行問題を参考にしています。
*センター試験も共通テストも同じく80分です。
*配点はセンター試験(筆記)が200点、共通テスト(筆記)が100点です。

英検, 英語

2021年度一般入試における英語外部検定利用入試(英検)の状況をまとめました。

本記事は全国の外国語大学(東京外国語大・神戸市外国語大・神田外語大・名古屋外国語大・京都外国語大・関西外国語大・長崎外国語大)での利用状況です。
*一般入試、共通テスト利用入試のみに限定してまとめています。(推薦やAO入試などについてはございません)

受験生活全般

あなたの周りに、もしかしたらあなた自身かもしれませんが、受験評論家っていませんか?

受験評論家とは「難関大学の受験情報についてよく知っているけど、その人自身の実力がない、もしくは不明の人」です。

例えば「東大の英語は時間勝負なんだよなぁ」と言いながら、その人は東大受験からは程遠い学力であるみたいなことです。

こういうタイプの人は受験情報についてよく知っているがゆえに「自分は実力があるのではないか」と錯覚してしまいます。

受験評論家タイプはかなり悲惨な結果に終わることが多いのでその理由を書きます。

英検, 英語

2021年度一般入試における英語外部検定利用入試(英検)の状況をまとめました。

本記事は日東駒専(日本・東洋・駒澤・専修)での利用状況です。
一般入試、共通テスト利用入試のみに限定してまとめています。(推薦やAO入試などについてはございません)

英検, 英語

2021年度一般入試における英語外部検定利用入試(英検)の状況をまとめました。

本記事は早慶上理(早稲田・慶応・上智・東京理科)での利用状況です。
一般入試、共通テスト利用入試のみに限定してまとめています。(推薦やAO入試などについてはございません)

英検, 英語

2021年度一般入試における英語外部検定利用入試(英検)の状況をまとめました。

本記事は関関同立(関西・関西学院・同志社・立命館)での利用状況です。
一般入試、共通テスト利用入試のみに限定してまとめています。(推薦やAO入試などについてはございません)

英検, 英語

2021年度一般入試における英語外部検定利用入試(英検)の状況をまとめました。

本記事はGMARCH(学習院・明治・青山学院・立教・中央・法政)での利用状況です。
一般入試、共通テスト利用入試のみに限定してまとめています。(推薦やAO入試などについてはございません)

受験生活全般

大学入試と定期テストの関係について、悩んでいる人は多いと思います。

定期テストをクリアできないと大学入試なんてクリアできない、一般入試だから定期テストの点数は気にしなくていいなど、たくさんの意見があって自分がどういう行動をとっていいかわからなくなりませんか?

本記事では高1~高3までの大学入試と定期テストの向き合いかたについて書きます。

英語

英語の「前置詞」を苦手としている日本人はかなりいます。

前置詞というのはbyとかonとかwithなどのことですね。

きっとこの記事を見ている人も前置詞を苦手としていると思います。

受験においても前置詞を問う問題はかなり多く出題されます。

「前置詞はイメージで理解せよ」という文言をよく見ます。

Amazonで「前置詞 英語」で調べると下の画像のようにイメージで理解してもらう系の参考書が多いです。

たしかに前置詞はイメージでとらえるとわかりやすいのですが、本当にわからない時にイメージから入って大丈夫なのでしょうか?

英語

誰かが書いたノートを閲覧することができるアプリ「Clear」にて英文法基礎のノートを公開しています。アプリの閲覧はこちらから。

英語について、センター試験から共通テストにかわり、試験内容が長文問題だけになりました。

だからといって英文法をやらなくていいということではなく、例年よりも早く英文法の学習を終わらせなければいけないということです。

そこで、かまなび特進では英文法の基礎を手軽に確認できるノートを作成してClearにアップしました。