勉強法, 英語

「英語を勉強するときは「単語」と「文法」が大切だ」ということはよく聞くし、多くの受験生もわかっていることだと思います。

しかし、「単語」と「文法」を理解しても読めない文章だったり、読めたと思ったのに解説を確認したら自分が思っていた意味と全然違うことがありませんか?

そんなときに「英文解釈」が必要になってきます。

センター英語対策, 英語

本記事はセンター試験(英語)の1993年度 / 本試を解説しているページです。

現在とは形式や文量など違う部分もありますが、レベルは基礎的な内容ですので、昔の問題も基礎を固めるためのいい教材になります。

細々とした解説はセンター試験の過去問に掲載されていますので、本記事ではざっくりと間違えやすいポイント正答を導き出すためのポイントをまとめました。

センター試験(英語)の1993年度 / 本試は大問が6つあり、筆記は200点満点です。

自分で用意した過去問を片手に確認してみてください。

センター英語対策, 英語

本記事はセンター試験(英語)の1992年度 / 本試を解説しているページです。

現在とは形式や文量など違う部分もありますが、レベルは基礎的な内容ですので、昔の問題も基礎を固めるためのいい教材になります。

細々とした解説はセンター試験の過去問に掲載されていますので、本記事ではざっくりと間違えやすいポイント正答を導き出すためのポイントをまとめました。

センター試験(英語)の1992年度 / 本試は大問が6つあり、筆記は200点満点です。

自分で用意した過去問を片手に確認してみてください。

センター英語対策, 英語

本記事はセンター試験(英語)の1991年度 / 本試を解説しているページです。

現在とは形式や文量など違う部分もありますが、レベルは基礎的な内容ですので、昔の問題も基礎を固めるためのいい教材になります。

細々とした解説はセンター試験の過去問に掲載されていますので、本記事ではざっくりと間違えやすいポイント正答を導き出すためのポイントをまとめました。

センター試験(英語)の1991年度 / 本試は大問が6つあり、筆記は200点満点です。

自分で用意した過去問を片手に確認してみてください。

英語

夏休みは「受験の天王山」といわれており、受験生にとってとても重要な期間です。

あらゆる受験教科の中でも英語は文系・理系問わず欠かすことのできない教科です。

夏休みという長期間で可能なかぎり効率的な勉強ができるように、本記事で「夏休みの英語勉強で重視すべき3つのこと」をご説明します。

英語

文系・理系とわず、英語の配点が高い大学が多いので、英語を得意科目にしたい人は多いと思います。

だからといって「じゃあ、英語だけを勉強しまくります!」というのは完全に間違えなのです。

多くの人は1教科を勉強しまくれば成績がグングン上昇していくと思いがちですが、そんなことはないのです。

本記事では英語だけを勉強しても途中で成績が頭打ちになる理由を説明します。

英語

「問題集を買ったけど、いまいち使い方がわからない」という悩みを持っている人はけっこう多いかと思います。

本記事では、英文法の問題集の使い方を実例を交えて解説します。

紹介する問題集の使い方は、実際に成績を伸ばすために実行した方法です。

かまなび私立文系対策コース, 英語

僕が在籍している「かまなび」教えない塾です。

教えないというのは大勢の生徒の前にたって授業したり、1対1で授業をしたりしないということを意味します。

基本的に自分で勉強をすすめてもらい、わからないところを近くの先生に質問するというシステムです。

僕が担当している「かまなび私立文系対策コース」も同じ形態をとっています。

自学自習ベースなのでおススメする参考書の他に、自分で勉強をしていても、なるべく理解しやすいような教材を制作しています。

本記事では英語の「時制」をもとに、どのような内容の教材をご提供するかをご紹介させてください。

英語

あなたは洋楽を聴いたことがありますか?

個人の好みの話ですので絶対に聴いた方がいいということではないのですが、洋楽をつかって英語の発音を鍛えることができるということをお伝えしたいです。

注意してほしいことは洋楽を聴いただけで英語ができるようになるわけではないという点です。

あくまで発音を鍛えるためのものであって、英語力を底上げするようなものではありません。

洋楽で発音を鍛えるにはいくつか条件があるので本記事でご説明します。

英語

受験勉強をやっている人にとっては半ば常識となっていますが、英語は時間がかかる科目なので早めにはじめたほうがいいです。

英語を早めに始めなければいけない理由は…

英単語や英文法を長期記憶化しておかないと本番で点をとれないからです。

社会については覚えた知識がほとんどそのまま出題されるので、最悪長期記憶化しなくてもかまわないのですが、英語はそうもいきません。

本記事では他の科目とくらべて英語が特別である理由を詳しくご説明します。