英語

各予備校には人気講師がいて生徒が殺到します。

オンラインサービスにも人気講師がいて、その人の授業を受けたいがためにサービスに登録することもあるでしょう。

僕自身も受験生時代は予備校に通っており、講師の話をきいて、初めて知ることがたくさんありました。

しかし、どんなに人気の講師でも授業ではカバーしきれない部分があり、そこが受験における勝利のカギとなっている部分があります。

英語

英語が重要視されはじめて中学生や高校生、早いと小学生のときから英会話学校に行き始めている人が多くなってきたと思います。

学校では英会話メインの授業は基本的にありませんし、学校で学ぶ英語は文法ばかりで生きている感じがしないので、英会話学校にいったほうがいいかもしれないと感じるのは自然です。

そこで、前職で研修として約1年間英会話学校にいっていた僕が「英会話学校は本当に役に立つのか」を考察してみようと思います。

センター英語対策, 英語

マークシートの問題を解いているときに、同じ回答が連続するときがありますよね。

答えはバラつくことが多いので「本当にこんなに連続していいのかな…」と不安になってしまうことがあります。

人によっては連続する回答が気になってテストに集中できなくなってしまうこともあるでしょう。

そこで、センター英語を題材に実際にどれくらい同じ回答が連続するのかを調査してみました。

センター英語対策, 英語

本記事はセンター試験(英語)の2003年度 / 本試を解説しているページです。

現在とは形式や文量など違う部分もありますが、レベルは基礎的な内容ですので、昔の問題も基礎を固めるためのいい教材になります。

細々とした解説はセンター試験の過去問に掲載されていますので、本記事ではざっくりと間違えやすいポイント正答を導き出すためのポイントをまとめました。

センター試験(英語)の2003年度 / 本試は大問が6つあり、筆記は200点満点です。

自分で用意した過去問を片手に確認してみてください。

勉強法, 英語

「英語を勉強するときは「単語」と「文法」が大切だ」ということはよく聞くし、多くの受験生もわかっていることだと思います。

しかし、「単語」と「文法」を理解しても読めない文章だったり、読めたと思ったのに解説を確認したら自分が思っていた意味と全然違うことがありませんか?

そんなときに「英文解釈」が必要になってきます。

センター英語対策, 英語

本記事はセンター試験(英語)の1993年度 / 本試を解説しているページです。

現在とは形式や文量など違う部分もありますが、レベルは基礎的な内容ですので、昔の問題も基礎を固めるためのいい教材になります。

細々とした解説はセンター試験の過去問に掲載されていますので、本記事ではざっくりと間違えやすいポイント正答を導き出すためのポイントをまとめました。

センター試験(英語)の1993年度 / 本試は大問が6つあり、筆記は200点満点です。

自分で用意した過去問を片手に確認してみてください。

センター英語対策, 英語

本記事はセンター試験(英語)の1992年度 / 本試を解説しているページです。

現在とは形式や文量など違う部分もありますが、レベルは基礎的な内容ですので、昔の問題も基礎を固めるためのいい教材になります。

細々とした解説はセンター試験の過去問に掲載されていますので、本記事ではざっくりと間違えやすいポイント正答を導き出すためのポイントをまとめました。

センター試験(英語)の1992年度 / 本試は大問が6つあり、筆記は200点満点です。

自分で用意した過去問を片手に確認してみてください。

センター英語対策, 英語

本記事はセンター試験(英語)の1991年度 / 本試を解説しているページです。

現在とは形式や文量など違う部分もありますが、レベルは基礎的な内容ですので、昔の問題も基礎を固めるためのいい教材になります。

細々とした解説はセンター試験の過去問に掲載されていますので、本記事ではざっくりと間違えやすいポイント正答を導き出すためのポイントをまとめました。

センター試験(英語)の1991年度 / 本試は大問が6つあり、筆記は200点満点です。

自分で用意した過去問を片手に確認してみてください。

英語

夏休みは「受験の天王山」といわれており、受験生にとってとても重要な期間です。

あらゆる受験教科の中でも英語は文系・理系問わず欠かすことのできない教科です。

夏休みという長期間で可能なかぎり効率的な勉強ができるように、本記事で「夏休みの英語勉強で重視すべき3つのこと」をご説明します。

英語

文系・理系とわず、英語の配点が高い大学が多いので、英語を得意科目にしたい人は多いと思います。

だからといって「じゃあ、英語だけを勉強しまくります!」というのは完全に間違えなのです。

多くの人は1教科を勉強しまくれば成績がグングン上昇していくと思いがちですが、そんなことはないのです。

本記事では英語だけを勉強しても途中で成績が頭打ちになる理由を説明します。