慶応義塾大学, 早慶上理, 私立大学対策

本記事は慶応義塾大学商学部の英語対策について記載しています。

慶応義塾大学の商学部はA方式B方式にわかれています。
A方式:英語(200点)、数学(100点)、地歴(100点)の合計400点
B方式:英語(200点)、地歴(100点)、論文テスト(100点)の合計400点
倍率はA方式が3倍前後、B方式が7倍程度です。

どちらの方式でも英語で高得点を取ることは必須です。

商学部の英語の試験時間は90分です。

早慶上理, 早稲田大学, 私立大学対策

本記事は早稲田大学商学部の英語対策について記載しています。

早稲田大学商学部は倍率が非常に高く、毎年10倍前後で推移しています。
何としてでも合格したい受験生は倍率の高さを気にしている場合ではないのですが、高いがゆえに1教科でも失敗すると合格することは難しいということは事実です。

商学部の英語は早稲田大学の中でも難易度が低いのですが、あくまで「早稲田大学の中」であって、大学入試全体でみたら難易度は高いです。

「簡単」「難易度が低い」などのワードに翻弄されないようにしましょう。

商学部の英語の試験時間は90分で、配点は80点満点です。

早慶上理, 東京理科大学, 私立大学対策

本記事は東京理科大学(理学部第一部・B方式)の英語対策について記載しています。

東京理科大学の理学部第一部は昼間部で、応用数学科、応用物理学科、応用化学科にわかれています。
*第二部は夜間部です。

理系学部ということでどうしても数学・理科に意識がいってしまいますが、英語でもしっかり得点しないと合格を勝ち取ることは難しいです。

東京理科大学(理学部第一部・B方式)の英語は60分100点満点です。