青山学院大学(社会情報学部・個別学部日程A方式)の英語対策

本記事は青山学院大学(社会情報学部・個別学部日程A方式)の英語対策について記載しています。

社会情報学部A方式の受験科目は大学入学共通テストの国語(近代以降の文章)、地歴公民、独自問題(英語)です。

青山学院大学社会情報学部の英語は90分200点満点です。

目標得点について

青山学院大学社会情報学部の合格最低点は70%前後で推移しています。
*私立大学は得点調整が行われるため実際の割合は不明です。
関連記事:私立大学が公表する「合格最低点」を鵜呑みにしてはいけない理由【答えは得点調整】

目標得点は75%以上に設定して勉強しましょう。

各項目の傾向と対策

●全体の傾向
2017年~2020年度までの問題を調査しましたが、毎年問題の編成は変わりません。
語彙問題、文法・語法の空所補充問題、文法・語法の正誤問題、英文読解、会話問題です。
*会話問題は2019年度から導入されています。

語彙問題(目標解答時間:7分、目標得点率:75%以上)
下線部の意味に最も近いものを選ぶ形式の問題です。問題数は10問。
ただ、語彙の意味を知っていればいいというものでもなく、文の中でどのように使われているのかを考える必要があります。(中には意味を知っていれば即答できる問題もあります)
選択肢の単語はレベルが高いので、基本的な単語集を覚えて満足しないようにしましょう。

文法・語法の空所補充問題(目標解答時間:10分、目標得点率:75%以上)
文法・語法としていますが、基本的には文法問題が多いです。問題数は10問。
文中の空所に正しい文法で表現されたものを選択する問題です。
語彙問題と同じように比較的レベルの高い問題が並んでいます。覚えているかどうかより、正確に理解しているかどうかが試されています。

文法・語法の正誤問題(目標解答時間:15分、目標得点率:70%以上)
文法・語法の正誤問題は多くの受験生が苦手としている問題です。問題数は10問。
理由としては文法を単純暗記しているだけでは歯が立たず、文法・語法の空所補充問題と同様、正確な理解と適切なアウトプットができるかどうかが試されるからです。
単純な穴埋め問題がメインの問題集では対応することができないので正誤問題がメインの問題集を1冊仕上げておくことをオススメします。


●英文読解(目標解答時間:40分、目標得点率:75%以上)
読解問題が3つあり、それぞれ本文の内容に沿った質問があります。
タイトルを選ぶ問題、本文の重点を選ぶ問題、本文中で述べられていることを選ぶ問題(述べられていないものを選ぶ問題もあります)などがメインです。
1つの文章が割と長めなので何回も本文と問題を行ったり来たりしないように単語力の強化と英文解釈の練習を怠らないようにしましょう。
関連記事:「速読力」を鍛える必要はありません

●会話問題(目標解答時間:10分、目標得点率:80%以上)
前後関係の確認と会話の流れ全体の把握をしましょう。
会話表現をアウトプットするような問題ではなく、会話の流れを把握して、適切な表現をいれていく問題です。
目標得点率は高めに設定していますが、会話問題の演習をしっかり行った場合の点数ですので、試験本番が初見とならないようにしましょう。

全体のポイントとしては最初の大問3つをいかに早く処理し、どれだけ長文読解に時間を割けるかにかかっています。
語彙や文法・語法で悩まないように早めに勉強を進めて、長文読解の演習に時間をかけられるように勉強計画をつくっていきましょう。