まとめノート作りは時間のムダです。【本質は覚えているか・理解しているかどうか】

あなたは勉強をするときにまとめノートを熱心につくっていませんか?

いろいろな色をつかってキレイにノートをとっている人がいますが、結論からいうとほとんどムダです。

本記事ではなぜまとめノートをつくることがムダなのかを説明します。

勉強の本質は覚えているか・理解しているかです

なぜ勉強をしているのかというと人それぞれ違うかもしれませんが、基本的には試験でいい成績を残したり、志望校に合格するためですよね。

そして目標を達成するためには勉強している内容を理解したり、覚えていないといけません。

しかし、ノート作りに熱中してしまう人は勉強の本質を忘れがちです。

キレイにノートをとることによって理解が深まるかもしれませんが成績を伸ばすためには理解するだけでは足りません。
関連記事:成績をあげる秘訣は「覚える・理解する・慣れる」

なぜ本質的なことを忘れてしまうのかというとノート作りは労力がかかるからです。

人は効果がないことでも何か作業をして疲労を感じたら「がんばった」と勘違いしてしまう傾向にあります。
*がんばったとは思いますが、効果がありません。

まとめノートをキレイに作ることが何よりも楽しくて成績が伸びなくてもいいからがんばった証がほしい、ただ誰かにほめてもらいたいという人は引き続きがんばってください。

何回も見返すクセがついているなら効果的

まとめノートを作ることがすべてムダというわけではなく、何回も見返すクセがついている人であれば大きな効果が期待できます

見返すことができるのであれば、キレイにノートを作ったほうがいいに決まっています。

勉強したところをまとめるだけでなく、模試や問題集などで間違えた問題だけをまとめたノートをつくれば一瞬で苦手分野をやっつけることができますよね。

また、教科書や参考書を読んでいてわからなかった部分の解説だけを書いたノートも効果的です。

ようするに見返す予定がなく、教科書や参考書をキレイにノートに移し替えただけの内容になっていたら効果がないということです。

ノート例を公開

僕は基本的にノートを見返さないので、下のようなノートになります。

語学学習が趣味で、記事執筆時には韓国語の勉強をしているので韓国語の学習ノートになります。

みてのとおり黒と赤しかない殺風景なノートですよね。

最初に学習する文法規則を書いて、あとは例文を書き写したり、問題を解くだけです。

問題を解いて理解したり、声に出して例文を読んだりして韓国語を使えるようにすることがゴールですので、マーカーをひくなどのムダな作業はいっさいありません。

見返すクセがついていない人はこれくらい適当で殺風景でも本質さえしっかり意識していれば問題ないのです。

まとめ

まとめノートが時間のムダである理由は…

・労力だけかかって勉強の本質をおさえることができないから

以上です。

何度もいいますが、ノートを作ることを否定しているのではなく、特に見返すこともないのに長い時間をかけてキレイにノートをつくることがムダだと言っているだけです。

常に自分のやっていることが成績アップや志望校合格に結びつくのかどうかを意識しながら勉強していきましょう。

投稿者: ごうせんせー

早稲田大学社会科学部卒の27歳です。 大学を卒業したあと営業を3年間経験して、千葉県の鎌ケ谷にある「かまなび」という塾で文系のせんせーをしています。 かまなびのURL:https://kamanabi.jimdo.com/ 私立文系対策コースを担当していますので、興味がある方は上記URLにアクセスをしてみてください。 ブログでは文系大学を受験する人向けに情報発信をしています。 英語、現代文、古典(古文・漢文)、世界史が中心ですが、他の文系科目についても発信予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です