早慶上理, 早稲田大学, 私立大学対策

本記事は早稲田大学国際教養学部の英語対策について記載しています。

早稲田大学国際教養学部は2021年度の入試より受験形式が大幅に変わっています。

大学入学共通テスト、外国語(本学部独自問題)の受験、英語4技能テストのスコア提出が必要です。
*英語4技能テストのスコアは提出しなくても出願可能です。

●大学入学共通テスト(2教科2科目 / 合計100点)
国語の受験は必須(配点50点)
選択科目は下記の科目から1科目受験(配点50点)
・地歴:世界史B / 日本史B / 地理B
・数学:数学Ⅰ・A / 数学Ⅱ・B
・理科:物理 / 化学 / 生物 / 地学
*共通テスト利用入試や国公立大学の受験などで選択科目の中で2科目以上受けている場合は最高得点を採用します。

●外国語(Reading:90分 / Writing:60分 / 80点)

●英語4技能テスト(20点満点)
・英検
1級合格:加点20点
準1級合格:加点14点
2級合格:加点7点
準2級以下合格、未提出:加点なし

・TOEFL iBT
95以上:加点20点
72~94:加点14点
42~71:加点7点
41以下、未提出:加点なし

・IELTS ( Academic )
7.0以上:加点20点
5.5~6.5:加点14点
4.0~5.0:加点7点
3.5以下、未提出:加点なし

すべて出願時に提出をします。
最低でも加点14点は狙いたいところです。

早慶上理, 早稲田大学, 私立大学対策

本記事は早稲田大学社会科学部の英語対策について記載しています。

早稲田大学社会科学部の英語は90分50点満点です。

本学部は非常に倍率が高く、問題の難易度は高いものの、それなりに高得点を狙っていく必要があります。
目標は75~80%の得点率に設定して勉強をしましょう。

早慶上理, 早稲田大学, 私立大学対策

本記事は早稲田大学人間科学部の英語対策について記載しています。

早稲田大学人間科学部の英語は90分50点(文系方式)、150点(理系方式)です。

早稲田大学人間科学部の英語は得意であれば得点率75%以上狙いたいところですが、70%前後を基本的な目標にして勉強をしていきましょう。

早慶上理, 早稲田大学, 私立大学対策

本記事は早稲田大学文学部の英語対策について記載しています。

早稲田大学文学部の英語試験は90分75点です。

文学部の合格最低点は65%あたりを推移しているので、目標得点は70%以上(52~3/75点)に設定して勉強していきましょう。
*成績標準化による得点調整をおこなっています。

早慶上理, 早稲田大学, 私立大学対策

本記事は早稲田大学教育学部の英語対策について記載しています。

早稲田大学教育学部は教育学科、国語国文学科、英語英文学科、社会科、理学科、数学科、複合文化学科にわかれています。

なかでも英語英文学科、複合文化学科は英語の点数を1.5倍にして合否判定をします。
*得点調整後の点数です。

早稲田大学教育学部の英語の試験時間は90分、配点は50点です。

合格最低点は65%前後で推移しているので、目標得点率は70%以上(35/50点以上)に設定して勉強をしましょう。

慶応義塾大学, 早慶上理, 私立大学対策

本記事は慶応義塾大学商学部の英語対策について記載しています。

慶応義塾大学の商学部はA方式B方式にわかれています。
A方式:英語(200点)、数学(100点)、地歴(100点)の合計400点
B方式:英語(200点)、地歴(100点)、論文テスト(100点)の合計400点
倍率はA方式が3倍前後、B方式が7倍程度です。

どちらの方式でも英語で高得点を取ることは必須です。

商学部の英語の試験時間は90分です。

早慶上理, 早稲田大学, 私立大学対策

本記事は早稲田大学商学部の英語対策について記載しています。

早稲田大学商学部は倍率が非常に高く、毎年10倍前後で推移しています。
何としてでも合格したい受験生は倍率の高さを気にしている場合ではないのですが、高いがゆえに1教科でも失敗すると合格することは難しいということは事実です。

商学部の英語は早稲田大学の中でも難易度が低いのですが、あくまで「早稲田大学の中」であって、大学入試全体でみたら難易度は高いです。

「簡単」「難易度が低い」などのワードに翻弄されないようにしましょう。

商学部の英語の試験時間は90分で、配点は80点満点です。

GMARCH, 私立大学対策, 立教大学

本記事は立教大学(法学部、経済学部(経済政策)、異文化コミュニケーション学部)の国語対策について記載しています。

立教大学は2020年度まで学部や学科ごとの問題がありましたが、2021年度より学部ではなく日程ごとの出題となっていますので、厳密にいうと2020年度までの法学部、経済学部(経済政策)、異文化コミュニケーション学部の分析と2021年度(2月6日日程)の分析となります。

法学部、異文化コミュニケーション学部は試験時間が75分で、配点は200点満点です。
経済学部(経済政策学科)は試験時間が75分で、150点満点です。
*配点が異なるのでご注意ください。

GMARCH, 中央大学, 私立大学対策

本記事は中央大学(法学部・一般)の英語対策について記載しています。

中央大学法学部の一般方式は3教科型、4教科型の2種類があります。
3教科型:英語、国語(漢文除く)、数・地歴公民(1教科を選択)
4教科型:英語、国語(漢文除く)、数学、地歴公民
4教科で受験すれば3教科型とあわせて出願することが可能です。

中央大学法学部(一般)の英語は90分150点満点です。

GMARCH, 私立大学対策, 青山学院大学

本記事は青山学院大学(経営学部・個別学部日程A方式)の英語対策について記載しています。

経営学部A方式の受験科目は大学入学共通テストの国語、地歴公民数学のうち1科目、英語、独自問題(英語)です。

青山学院大学経営学部の英語は90分150点満点です。