GMARCH, 私立大学対策, 青山学院大学

本記事では青山学院大学 経済学部A方式の日本史対策について記載しています。
B方式では数学が課されます。

日本史の試験時間は60分で、配点は100点です。

目標得点率は75%以上に設定して勉強しましょう。

GMARCH, 私立大学対策, 青山学院大学

本記事では青山学院大学 地球社会共生学部の論述対策について記載しています。

地球社会共生学部の試験科目と配点は下記の通りです。

テスト区分教科科目配点
共通テスト外国語英語(リーディング・リスニング)100点
国語・地歴公民・数学国語(近代以降の文章)、日本史B、世界史B、地理B、現代社会、倫理、政治経済、「倫理、政治経済」、「数学ⅠA」、「数学ⅡB」のうち1科目80点
独自問題論述日本語の文章を読み、理解力、分析する能力、自分の文章を論理的に展開できる力、自分の意見や発想を十分に表現する力を総合的に問う論述等を課す。120点

論述の試験時間は60分で、配点は120点です。

合格最低点は75%以上に設定して勉強しましょう。

GMARCH, 私立大学対策, 青山学院大学

本記事では青山学院大学 法学部B方式の総合問題対策について記載しています。

法学部のB方式の独自問題として総合問題が出題されます。
B方式の試験科目は下記の通りです。

テスト区分教科科目配点
共通テスト外国語英語(リーディング・リスニング)、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語のうち1科目100点
国語国語65点
地歴公民・数学日本史A、日本史B、世界史A、世界史B、地理A、地理B、現代社会、倫理、政治経済、「倫理、政治経済」、数学Ⅰ、「数学ⅠA」、数学Ⅱ、「数学ⅡB」のうち1科目35点
独自問題総合問題英語(コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ)と、「日本史B」(17世紀以降)、「世界史B」(17世紀以降)、「政治・経済」の総合問題とする。200点

総合問題の試験時間は90分で、配点は200点です。

目標得点率は70%以上に設定して勉強しましょう。

GMARCH, 私立大学対策, 青山学院大学

本記事では青山学院大学 法学部A方式の総合問題対策について記載しています。

法学部のA方式の独自問題として総合問題が出題されます。
A方式の試験科目は下記の通りです。

A方式

テスト区分教科科目配点
共通テスト外国語英語(リーディング・リスニング)、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語のうち1科目65点
国語国語100点
地歴公民・数学日本史A、日本史B、世界史A、世界史B、地理A、地理B、現代社会、倫理、政治経済、「倫理、政治経済」、数学Ⅰ、「数学ⅠA」、数学Ⅱ、「数学ⅡB」のうち1科目35点
独自問題総合問題国語総合(古文・漢文を除く)と「日本史B」(17世紀以降)、「世界史B」(17世紀以降)、「政治・経済」との総合問題とする。200点

総合問題の試験時間は90分で、配点は200点です。

目標得点率は75%以上に設定して勉強しましょう。

GMARCH, 私立大学対策, 青山学院大学

本記事では青山学院大学 国際政治経済学部国際コミュニケーション学科の論述・総合問題対策について記載しています。

国際コミュニケーション学科の試験科目と配点は下記の通りです。

A方式

テスト区分教科科目配点
共通テスト外国語英語(リーディング・リスニング)50点
国語国語(近代以降の文章)25点
地歴公民・数学日本史B、世界史B、地理B、現代社会、倫理、政治経済、「倫理、政治経済」、「数学ⅠA」、「数学ⅡB」のうち1科目25点
独自問題論述・総合問題英文読解力と論理的思考力・表現力を問う問題100点

B方式

テスト区分教科科目配点
英語資格・検定試験指定する英語資格・検定試験のスコア・級を「出願資格」とする。
共通テスト外国語英語(リーディング・リスニング)60点
国語国語(近代以降の文章)40点
独自問題論述・総合問題英文読解力と論理的思考力・表現力を問う問題100点

英語資格・検定試験

英検準1級以上
IELTS5.0以上
TOEFL iBT57点以上

論述・総合問題の試験時間は70分で、配点は100点です。

目標得点率はA方式は75%以上、B方式は80%以上に設定して勉強しましょう。

GMARCH, 私立大学対策, 青山学院大学

本記事では青山学院大学 国際政治経済学部国際経済学科の論述・総合問題対策について記載しています。

国際経済学科の試験科目と配点は下記の通りです。

テスト区分教科科目配点
共通テスト外国語英語(リーディング・リスニング)50点
国語国語(近代以降の文章)25点
地歴公民・数学日本史B、世界史B、地理B、現代社会、倫理、政治経済、「倫理、政治経済」、「数学ⅠA」、「数学ⅡB」のうち1科目25点
独自問題論述・総合問題数量的理解および読解力・論理的思考力を問う問題(問題に英文を含む)100点

論述・総合問題の試験時間は70分で、配点は100点です。

目標得点率は75%以上に設定して勉強しましょう。

GMARCH, 私立大学対策, 青山学院大学

本記事では青山学院大学 国際政治経済学部国際政治学科の論述・総合問題対策について記載しています。

国際政治学科の試験科目と配点は下記の通りです。

A方式

テスト区分教科科目配点
共通テスト外国語英語(リーディング・リスニング)50点
国語国語(近代以降の文章)25点
地歴公民・数学日本史B、世界史B、地理B、現代社会、倫理、政治経済、「倫理、政治経済」、「数学ⅠA」、「数学ⅡB」のうち1科目25点
独自問題論述・総合問題国際政治分野に関する日本語・英語の文章および資料を読解した上で、論理的な思考を通じて解答する問題(解答を英語で表現する問題を含む)100点

B方式

テスト区分教科科目配点
英語資格・検定試験指定する英語資格・検定試験のスコア・級を「出願資格」とする。
共通テスト外国語英語(リーディング・リスニング)60点
国語国語(近代以降の文章)40点
独自問題論述・総合問題国際政治分野に関する日本語・英語の文章および資料を読解した上で、論理的な思考を通じて解答する問題(解答を英語で表現する問題を含む)100点

英語資格・検定試験

英検準1級以上
IELTS5.0以上
TOEFL iBT57点以上

論述・総合問題の試験時間は70分で、配点は100点です。

目標得点率はA方式は75%以上、B方式は80%以上に設定して勉強しましょう。

GMARCH, 私立大学対策, 青山学院大学

本記事では青山学院大学 総合文化政策学部B方式の論述対策について記載しています。

総合文化政策学部のB方式の独自問題として論述が出題されます。
B方式の試験科目は下記の通りです。

B方式

テスト区分教科科目配点
共通テスト外国語英語(リーディング・リスニング)100点
地歴公民・数学日本史B、世界史B、「倫理、政治経済」、「数学ⅠA」、「数学ⅡB」のうち1科目50点
独自問題論述文章やデータを読み、分析する能力、自分の文章を論理的に展開できる力、自由に発想する力、自分の意見や発想を十分に表現する力を総合的に問う論述等を課す。200点

論述問題の試験時間は80分で、配点は200点です。

目標得点率は80%以上に設定して勉強しましょう。

GMARCH, 私立大学対策, 青山学院大学

本記事では青山学院大学 文学部比較芸術学科の論述対策について記載しています。

比較芸術学科では独自問題として論述が出題されます。
比較芸術学科の試験科目と配点は下記の通りです。

テスト区分教科科目配点
共通テスト外国語英語(リーディング・リスニング)100点
国語国語100点
地理歴史日本史B、世界史Bのうち1科目100点
独自問題論述芸術にかかわる評論を読み、そのテーマに沿って具体的な例をあげながら、考えるところを論述する。800字程度。150点

論述の試験時間は90分で、配点は150点です。

目標得点率は70%以上に設定して勉強しましょう。

GMARCH, 私立大学対策, 青山学院大学

本記事では青山学院大学 文学部史学科の世界史対策について記載しています。

史学科の試験科目と配点は下記の通りです。

テスト区分教科科目配点
共通テスト外国語英語(リーディング・リスニング)、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語のうち1科目100点
国語国語100点
地歴公民・数学・理科日本史B、世界史B、地理B、現代社会、倫理、政治経済、「倫理、政治経済」、「数学ⅠA」、「数学ⅡB」、物理、化学、生物、地学のうち1科目 または物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎のうち2科目100点
独自問題地理歴史日本史B、世界史Bのうち1科目 記述・論述を含む150点

独自問題の世界史の試験時間は90分で、配点は150点です。

目標得点率は75%以上に設定して勉強しましょう。