英検, 英語

2022年度一般入試における英語外部検定利用入試(英検)の状況をまとめました。

本記事は産近甲龍(京都産業大学・近畿大学・甲南大学・龍谷大学)での利用状況です。
*一般入試、共通テスト利用入試のみに限定してまとめています。(推薦やAO入試などについてはございません)

最初に英検に関する用語について説明します。

●CSE2.0
従来のCSE1.0より高い精度で英語力を識別できるようにしたもの。
スコア精度が向上しているため、CSE1.0では合否のみ大学入試の選抜基準だったが、CSE2.0では合否に加えてスコアも選抜基準とすることができる。

●英検CBT、英検S-CBT、英検S-interview
・英検CBT
4技能(スピーキング、リスニング、リーディング、ライティング)を1日で測定できる試験。
コンピュータ上で受験する。受験級は準1級、2級、準2級、3級。
詳細はこちら

・英検S-CBT
毎週土日に従来型の英検と同じ形式をとりつつスピーキングを吹き込み式にして1日で4技能を測定できる試験。部活などの予定が立て込んでいる方には便利な試験。
詳細はこちら

・英検S-interview
英検CBTもしくは英検S-CBTでの受験が難しい方向けの試験。
1日目をマークシートで解答し、2日目に対面でスピーキングテストを行う。
合理的配慮が必要な障がいのある受験者のみを対象に実施。
詳細はこちら

GTEC, 英語

GTECとはベネッセコーポレーションが実施している英語4技能試験です。
*4技能はリーディング、リスニング、ライティング、スピーキングを指します。

GTECにはCore、Basic、Advanced、CBTの4つのレベルがあります。
Coreは中学2~3年生、Basicは高校1~2年生、Advancedは高校2~3年生、CBTは高校1~3年生で学ぶ内容が目安です。

本記事ではAdvancedについて説明します。
他のレベルの詳細についてはこちらをご参照ください。
採点基準についてはこちらをご参照ください。(公式サイトより抜粋)

千葉大学, 国立大学対策

本記事では千葉大学(前期日程)の文系数学の対策について記載しています。

千葉大学の数学は学部ごとに配点が異なります。
国際教養学部:300点満点
文学部人文学科(行動科学コース):150点満点
法政経学部:300点満点
教育学部小学校コース:300点満点
教育学部中学校コース(国語科、社会科、理科教育、技術科教育):200点満点
教育学部小中専門教科コース(音楽科):150点満点
教育学部小中専門教科コース(図画工作、美術科教育):200点満点
教育学部小中専門教科コース(保健体育教育):200点満点
教育学部小中専門教科コース(家庭科教育):300点満点
英語教育コース:200点満点
特別支援教育コース:300点満点
乳幼児教育コース:300点満点
園芸学部食糧資源経済学科:450点満点

試験時間は2019年度までは90分でしたが、2020年度から80分となっています。

千葉大学, 国立大学対策

本記事では千葉大学(国際教養、文学部)の世界史の対策について記載しています。

学部学科ごとに配点が異なります。
国際教養学部:300点満点
文学部歴史学科:200点満点
文学部人文学科(日本・ユーラシア文化):300点満点
文学部人文学科(国際言語文化学):150点満点

試験時間は80分です。

千葉大学, 国立大学対策

本記事では千葉大学(国際教養、文学部)の日本史の対策について記載しています。

学部学科ごとに配点が異なります。
国際教養学部:300点満点
文学部歴史学科:200点満点
文学部人文学科(日本・ユーラシア文化):300点満点
文学部人文学科(国際言語文化学):150点満点


試験時間は80分です。

国立大学対策, 東京工業大学, 関東

本記事では東京工業大学(前期日程)の英語対策について記載しています。

東京工業大学は共通テストの点数が足きりにのみ利用され、合否は二次試験の点数で決まります。

東京工業大学の英語の試験時間は90分で、配点は150点満点です。

目標得点率は65%程度に設定して勉強していきましょう。
「英語が全然出来なくても、数学と理科で点をとればいい」という楽観的な考えをもつのはやめましょう。

国立大学対策, 大阪大学, 近畿

本記事では大阪大学(前期日程・外国語学部以外)の英語対策について記載しています。

大阪大学は外国語学部とそれ以外の学部で問題の内容が異なります。

配点、試験時間は学部ごとに異なります。

文学部:105分・150点満点
人間科学部:90分・200点満点
法学部:90分・150点満点
経済学部(A配点):90分・20点満点
経済学部(B配点):90分・180点満点
経済学部(C配点):90分・100点満点
理学部:90分・200点満点
医学部医学科:90分・500点満点
医学保健学科:90分・200点満点
歯学部:90分・300点満点
薬学部:90分・150点満点
工学部:90分・200点満点
基礎工学部:90分・200点満点

目標得点率は65%程度に設定して勉強していきましょう。

中国・四国, 国立大学対策, 香川大学

本記事では香川大学(前期日程)の英語対策について記載しています。

配点は法学部が300点満点、法学部以外の学部が200点満点です。
目標得点率は75%に設定して勉強をしましょう。

試験時間は90分です。

九州, 国立大学対策, 熊本大学

本記事では熊本大学(前期日程)の英語対策について記載しています。

熊本大学の英語は学部によって配点が異なります。

文学部:200点
教育学部:150点(中学教員養成課程の音楽、美術、保健体育は英語の個別試験がありません)
法学部:200点
理学部:100点
医学部医学科、保健学科(検査技術科学):200点
医学部保健学科(看護学、放射線技術科学):100点
工学部:150点
薬学部は英語の個別試験がありません。

目標得点率は65%に設定して勉強していきましょう。
医学部医学科については75%に設定しましょう。

試験時間は120分です。

国立大学対策, 神戸大学, 近畿

本記事では神戸大学(前期日程)の英語対策について記載しています。

神戸大学の英語は傾斜配点による点数を使用します。時間は80分です。
*傾斜配点とは同一解答時間でも、学部ごとに重視する科目の点数を他教科より重くすること

各学部で合格最低点の差はありますが、だいたい65%以上の得点率を目標にしましょう。
ただし、医学部医学科は75%以上を目標点にして勉強しましょう。

●各学部学科の配点
文学部:125点
国際人間科学部【グローバル文化学科】:160点
国際人間科学部【発達コミュニティ学科】:175点
国際人間科学部【環境共生学科・文系】:200点
国際人間科学部【環境共生学科・理系】:200点
国際人間科学部【子ども教育学科】:175点
法学部:150点
経済学部【数英型】:200点
経済学部【総合型(国数英)】:150点
経営学部:150点
理学部:125点
医学部:150点
工学部【機械工学科】:170点
工学部【応用化学科】:125点
工学部【上記学科以外】:150点
農学部:150点
海洋政策科学科:150点