オンラインでの質問対応について実例を画像つきで紹介!【かまなび私立文系対策コース】

僕は「かまなび」にて『かまなび私立文系対策コース』を担当しています。

本コースには実際に塾に来ていただいて勉強をするコースのほかにオンラインでの学習指導を1つのサービスとしてご提供させていただいています。

「かまなび」が家から遠くてどうしても通うことができないという人のためにLINEをつかってオンラインで学習管理をさせていただくというものです。

とはいえ、どのようにオンラインで学習指導をおこなうのかイメージがつかないかと思います。

本記事では僕が『Clear』というアプリでおこなっている質問対応を画像つきでご紹介します。

実例1 5文型とはなにかを理解できませんでした

「英語の5文型の見分け方がわかりません。学校で1回習ったけどまったく理解できませんでした。」という質問に対して下記のように回答をしました。

スマホ入力では淡泊でわかりにくいと思ったため、紙に色つきで5文型の解説を書いて送りました。

上の画像では実際にかいた紙がわかりにくいと思いますので、別途貼りつけました。

個人的にはまだまだ説明することがあると感じていますが、まずは基本的なことを理解してもらおうと思い、つくりました。

ご覧の通り感謝の言葉をいただいています。

実例2 和訳の意味がわかりません

「”How did Wakata find his stay in space in spite of some problems?”の訳がいまいちよくわかりません。 ”in spite of”は「~にもかかわらず」という意味だから、「いくつかの問題があるにもかかわらず、どのように宇宙での暮らしを見つけたのですか? 」になるはずですが、日本語の意味がわかりません。 またこの質問に対する答えも”He found it very comfortable.”でさらに意味がわかりません。」という質問をいただきました。

以上の質問に対し、下記の通り回答しています。

上の画像ではどのように回答したのかが見えにくいので拡大画像を貼りつけました。

日本語脳のまま和訳すると意味不明な訳になることは高校レベル以上になるとよく見かけます。

「~にもかかわらず」という部分を意味を変えずに言い方を変えるだけで日本語の意味が通じる文章に変わることを紙で示しました。
*”comfortable”のスペルがまちがっていますね。すみません。

実例3 関係代名詞が離れていることに違和感

「関係代名詞が修飾する語から離れていて、こんな書き方もありなんですか?」という質問をいただきました。

つまり、関係代名詞が修飾する語は関係代名詞のすぐ前にあるものだと勘違いしているために浮かんだ疑問かと思います。

この質問には下記の通り回答しています。

紙で説明する必要がないときは直接入力で回答します。

また、医学部を目指している高校2年生でかつ使用している参考書が高度なものであったため、必要最低限の説明で理解していただけるだろうと思い、上記の回答をしました。

一番理解できる内容にするために質問者のレベルによって回答内容を変えるスタイルでやっています。

「まだ基本的なことがわかっていなさそう」だと判断した場合は上記のような質問をいただいた場合、「先行詞とはなにか」をはじめとして、実際の文章をつかって説明するかと思います。

オンラインでの学習指導にご興味をお持ちのかたはぜひ!

『かまなび私立文系対策コース』でも上記のようなイメージで回答をしていきます。

基本的に質問をいただいた際にはすぐに回答をさせていただきます。

順次個別説明会もおこなっていますので、興味をお持ちのかたは下記のページにアクセスをお願いします。
かまなび私立文系対策コース