令和も「かまなび私立文系対策コース」受講者を募集しています!

2019年8月1日

2019年5月1日に平成から令和へと改元がおこなわれました。

平成3年生まれの僕としては初めての改元であり、今までの28年間まるまる平成の時代でしたので感慨深いです。

日本史受験者の人は平成史や万葉集に注目しておいた方がいいかもしれませんね。

「かまなび」では令和になっても「かまなび私立文系対策コース」の受講者を募集しています。

「かまなび私立文系対策コース」はこんな人におすすめ!

「かまなび私立文系対策コース」は下記のような人におすすめです。

・自分で計画をたてて勉強するのが苦手
・私立文系といってもどこにいったらいいかわからない
・どこでもいいからとにかく私立文系大学に入学したい
・質問があるけど先生に聞きにくい
・受験ノウハウだけ知りたいので通塾は不要

受験勉強の計画については現在のレベルを把握したあと、かまなび側でつくっていきます。
*もちろん生徒さんと相談しながら。

また、「かまなび私立文系対策コース」はどこでもいいから私立文系にいきたいという人を積極的に募集しています。

早慶上智・GMARCH・関関同立などの難関大学を受験しようとしている人は個人的に大手予備校を強くおススメします。
*もちろん早慶上智・GMARCH・関関同立を受験しようとしている人もお申込みをお待ちしております。

しかし…

・兄、姉が大学進学をしており、ぜひ弟、妹もどうにか大学進学をさせたい
・大学を卒業して一般企業への就職を少しでも有利に進めたい
・上京するために何としてでも東京の大学に進学したい

などのやむを得ない理由がある方はたくさんいるかと思います。

上記のような方々に向けて有益な情報であったり大学受験突破のノウハウをお伝えしながら学習しやすい環境をご提供することができます。

オンライン上(LINE)で管理することもできますので、地方在住で通塾ができない人や受験ノウハウだけ知りたいという人でも受講することができます。
*いかなる理由でも割引などの対応はおこなっておりません。

教室内では先生が特定の生徒を教えるということはなく、質問対応のために教室内を見回っていますので、気軽にわからないところを質問することができます。

学習計画は現在の実力を基準としています

「かまなび私立文系対策コース」では時期ごとに学習すべき内容を書いていますが、基本的に学習計画は現在の実力をベースにたてます。

極端なことをいえば、今の時点でいっさい勉強していなくても、今の実力を測定し、その結果を基準として計画をたてますので問題ありません。

ただ、対策を練るのであれば早期のほうがいいです。

すぐに計画をたて受験にむけて対策を始めたい人は今からの受講をおススメします。

個別説明会や受講のお申し込みは「かまなび」から!

現在、「かまなび私立文系対策コース」の個別説明会をおこなっております。

こちらのサイトから説明会のお申し込みをお願いいたします。

上記のようなフォーマットがありますので、必要事項を記入していただければと思います。

まとめ

令和になっても当ブログでの情報発信および「かまなび私立文系対策コース」の募集をおこなっていきます。

受験を一歩でもリードできるよう尽力しますのでよろしくお願いいたします。