『漫画版 日本の歴史』を読んでセンター日本史の点数が上がるのか検証してみた

あなたは『漫画版 日本の歴史』を知っていますか?

集英社にて出版されている日本の歴史について描かれたぜんぶで10巻の漫画です。

よく「歴史を学ぶにはまずはマンガから入った方がわかりやすい」といわれます。

とはいえ、漫画で本当に成績をアップさせることができるのか疑わしいですよね。

ということで今まで日本史をいっさい勉強したことがない僕が実際に漫画を読む前と読んだ後で「センター試験 日本史」の点数に変化があるのかを検証しました。

『漫画版 日本の歴史』を読む前のステータス

日本史を勉強したことがないとはいえ、はじめのステータスは気になるところですよね。

ということで漫画を読む前に「センター試験 日本史(2016年)」を解いてみました。

結果としては100点中46点でした。

「勉強していない割に意外と点数が取れているじゃないか」と思う人もいるかもしれませんが、資料を読めば解ける問題や中学校の歴史の知識で解ける問題もあるので、勉強していないから0点ということはありません。

ただ、実際のセンター試験でこの点数をとったら「今まで何をしてきたの?」というレベルです。

今回の検証方法について

今回の検証方法は下記の通りです。

・『漫画版 日本の歴史』1~10巻をすべて読む
・読める回数は1回のみ(反復は禁止)
・ノートにまとめるのは禁止
・2017年の問題で結果検証

最初に解いた2016年の問題を解いても答えを覚えているので意味がありません。

なので問題は違うとはいえレベル感が同じであろう2017年の問題で何点とれるか検証しました。

また純粋に「漫画を読むだけ」という条件にしたかったため、何回も読んだり、ノートをとったりすることを禁止しています。

検証結果は…

実際に『漫画版 日本の歴史』を1~10巻まで約1週間で読み切ったあとにセンター試験 日本史(2017年)の問題を解いてみました。

結果は…

100点中51点でした!!

上がっているとはいえ、誤差の範囲でしょう。

検証結果としては漫画を1回読むだけでは大して点数はあがらないということでした。

しかし、今回の検証で気づいたことが数点あります。

今回の検証で気づいたこと

漫画を読んだあとに実際に問題を解いて気づいたことがあります。

・漫画を読めば日本の歴史の流れはつかむことができる
・漫画に描いてあったことが出題されたけど1回しか読んでないのでうろ覚えだった
・文化史については漫画で学ぶことができない
・漫画以上の知識が求められている

以上です。

何回か読んでしっかり頭に叩き込んだ場合、おそらく60~70点くらいはとることができると感じました。

得点アップには影響しませんでしたが、基本的な内容に入るまえの準備段階としては最適の本だと思います。

まとめ

日本史を学ぶのに漫画はどの程度有効か…

・流れをつかむには最適!
・センター試験の得点アップには影響しない!
・何回か反復すれば6~7割は見込める!

漫画で流れをつかんだら参考書や問題集で知識を深めてきましょう。