単語暗記だけ、文法の勉強だけでは英語力を伸ばせるはずがない理由

2019年5月19日

あなたは英語を勉強するときに単語暗記だけやったり文法学習だけをやっていたりしませんか

結論からいうと英語学習において1つのことに集中してしまうのはNGです。

単語暗記を集中的にやり、ひと段落着いたら文法学習に入り…と自分で決めた順番で勉強してもいいのですが、かなり時間がかかってしまうので、挫折の大きな原因になります。

本記事ではどのように英語学習を進めていけばいいのかについてご説明します。

英語力のしくみについて

英語力は単語・文法の力をベースとして読む、聴く、書く、話すの4つにわかれます

そして、この4つの能力をバランスよく伸ばすことによって英語力を効率よく高めることができるのです。

4つの能力をバランスよくといっても、単語や文法についてまったく知らないままでは伸ばすことができません。

シンプルにいってしまえば基本的な単語・文法を最初に学んだら、文章を読んだり、音声を聴いたり、英作文を書いたり、口に出してみたりする中で英語力がグングンと伸びていくということです。

出題される問題は長文や英作文が中心

模試や大学の過去問を解いたことがある人はよくわかると思うのですが、英語の試験で多く出題されるのは長文問題や英作文ですし、配点も高いです。

そんななかで英単語や文法だけを勉強して成績があがると思いますか?

英語長文の問題を解いたり、英作文を書く練習をしないと入試ではほとんど点数をとることができません。

僕は仕事として英作文の添削をしたことがありますが、センター試験で高得点をとっていても、英作文では何を言っているのかよくわからないレベルの人が多くいます。

国立大学を受験する場合、英語の運用能力が高くないと、1次試験(センター試験)を突破できても2次試験を突破することはできないのです。

私立大学では英作文を出題する大学は多くないですが、そのぶん読解問題が難しいので、英語の運用力がないと歯が立たないでしょう。

4つの能力を伸ばすことによって単語力、文法力が強化される

中には「英単語、文法をしっかりやってから4つの能力を伸ばす」という人もいるでしょう。

いっけん正しい方法にみえますが、僕はおススメしません

なぜなら単語力や文法力は4つの能力を伸ばすことによって強化することができるからです。

単語力や文法力は単体でいくら努力したところで使いどころについては絶対にわからないので、4つの能力を伸ばす以外で強化することができないのです。

とくに英単語については目にした回数が多ければ多いほど頭に残ります。

英単語帳だけで覚えるのではなく、英語長文やリスニングに触れたり、英作文やスピーキングで実際に使ってみたりするなかで記憶がさらに強くなります。

半信半疑の人はまわりに英語を圧倒的な得意科目としている人にふだんどうやって勉強をしているのか聞いてみてください。

日がな一日、英単語帳と格闘していたり、文法問題をひたすら解いている人はいないと思います(時期によってはひたすら文法問題を解いている可能性もありますが)。

英単語や文法はスキマ時間(通学の時間や寝る前の時間など)にやって、学習時間のほとんどを英語長文や英作文につかっているはずです。

試験本番でリスニングやスピーキングがないからといって勉強しないのもNGです。

リスニングやスピーキングを鍛えることによって単語力や文法力が強くなり、読解能力や英作文能力のアップにも効果があるからです。

まとめ

英語の成績をあげるには…

単語力・文法力をベースとして4つの能力(読む、聴く、書く、話す)をバランスよく伸ばすべし!

効率よく勉強して英語を得意科目にできたり、英語を好きになることを祈っています。